日本健康支援機構 アン ANの臨床試験ボランティアとは

日本では新薬ができるまでには、15〜17年の年月がかかります。

日本健康支援機構 アン AN では、第U、V、W相試験のボランティアを募集しています

 また、新薬が製品として使えるようになるまでには、その安全性と有効性を調べるために、いくつもの試験が行われます。

 動物を用いた実験の後で行われるのが臨床試験で、国から認可を受けた上で行うものを、「治験」といいます。

臨床試験は、ボランティアの方の善意で行われてます

治験には4つの段階があります。

登録はこちらから

第T相試験(Phase Tstudy)・・・健康な人で安全性を確認します

日本健康支援機構 アン AN

第U相試験(Phase Ustudy)・・・実際に病気にかかっている約100名の患者さんで

                    有効な投与量を探索します
第V相試験(PhaseV study)・・・数百名から数千名の患者さんで、副作用と有効性を

                    確認します
第W相試験(PhaseW study)・・・厚生労働省より承認され販売されている薬剤で副作

                    用の追跡調査を行います