副作用がでたら

救急車を呼ぶべきケース

1.じんましんと同時にせきがでます=ショック症状

必ず病院で受信すべきケース

2.ぜーぜーといって呼吸し、急に呼吸困難となります=喘息、ショックの一歩手前

軽い副作用でも、そのまま放置しておくと、重症になる可能性があります

3.顔面が蒼白となり、冷や汗をかいてぐったりします=ショック症状

4.けいれん=重症の中毒症状で、命が危ない場合があります

5.失神、意識不明、昏睡

6.真っ赤な血やコーヒー色の固まりを吐きます=食道、胃、十二指腸からの出血

7.真っ赤な便=大腸、直腸からの出血

8.赤黒い便、真っ黒な便=上部の消化管(胃、十二指腸)からの出血

できるだけ早く受診すべきケース

9.急激で強烈に腹や背中が痛む時=胃、腸に潰瘍などで穴があいた症状

 軽い症状として、皮膚のかゆみ、発疹、関節炎なども、薬によるアレルギーが疑われます

1.のどの痛み、発熱、寒気

2.皮下出血、青いあざ、歯ぐきからの出血

3.尿がぜんぜんでない場合=尿路結石なども考えられます

4.目の白い部分が黄色く変色して、尿が黒っぽい、尿の泡まで黄色い場合です
  =黄疸

日本健康支援機構 アン AN